詐欺コピーサイトにご注意ください。

コピーブランド・パロディ商品を購入したいけど品物が届かないとリピートをしたいと思いませんよね。ここのページでは弊社がきちんと品物を郵送していると言う対応を行っていると言う証言にもなる為詐欺に合わないようにコピーブランド品・パロディブランドを販売している視点でご説明致します。

1、詐欺に合わない為に

インターネットショッピングサイトからコピーブランド品・パロディ等を購入しようとお金を振り込んだが商品が送られてこないという被害が発生しています。
これらのショッピングサイトは、正規サイトのデザインを真似したり、正規サイトの企業名、連絡先等を表示した詐欺サイトである場合が多いことから、インターネットショッピングをする際は、十分注意しましょう。

2、被害に合わない為に

リダイレクト手法によるサイトへの誘導

コピー業者内でも日々販売戦争です。 常に最新のSEOを意識しないと売れません。ですが、中国本土ではファイアウォールの影響でgoogleが使用できません。そこで中華系朝鮮人が韓国、香港、他地域でネット作業を行っています。彼らはオールドドメインを使用して自社サイトへ誘導する手法を取っています。これは10年以上前にも使用していた手法です。現在のgoogleロボットの発達から違法性があればすぐに上位表示がされなくなりますがオールドドメインは簡単に購入でき、googleから除外されたら直に変更しますのでなくなる事はありません。

ネガティブSEO手法によるサイトへの誘導

検索エンジンの上位表示のコピーブランド・パロディ販売業者は実績と共に年月が物語っての結果です。ですが、逆SEOを使用した手法で同タイトルで誘導させる業者もいます。googleロボットには正規URLを除外し新しくアドレスを移動した言う通知を行い正規URLを検索エンジンから除外させます。下記画像は一例になります。

3、怪しいサイトの見分け方

詐欺サイトの見分け方!こういうサイトは怪しいと思え! http://ps.jcomp.me/5.html

上記サイトの情報を引用とし最新の説明を致します。

ショップ情報で記載されている会社概要・住所をグーグルマップで検索してみる

近年の中国販売業者名の表示を行います。これはアリババの影響で外国へ販売を行う為に販売者所在地表記を行わなければ品物が売れないと言う事を強く認識しています。 また、中国本土はgoogleが使用できない為、外国から閲覧する場合観光名称しかマップで表示がされません。

メールアドレスに注目

フリーメールアドレスは使用している方もいますが、現在はメールサーバーを使用して取引する方もいます。これもファイアウォールの影響で中国国内から外国サーバーへの接続への遅さから、澳門、香港等で操作を行う業者も多数います。

支払方法の種類を確認してみる

犯罪移転防止条例から銀行側も不特定多数からの送金は止めてしまいますので個人名での振込への被害が減少しています。これは外国人にはわからない情報ですので、未だにこの手法での送金勧める業者は少ないと思います。